title2.png

※J-pal定款より抜粋

特定非営利活動法人 J-pal 定款
第1章 総則

第3条 (目的)

この法人は、障害児・者とその家族が地域で安心して主体的に暮らしてゆけるよう支援活動を行うとともに、ノーマライゼーションの理解を促進し、障害の有無にかかわらず、人と人が支えあって生きてゆける社会作りに取り組み、また、その福祉基盤を拡げ社会に貢献することを目的とする。

第4条 (活動の種類)

この法人は、前条の目的を達成するため、特定非営利活動法第2条別表に定める、次の種類の特定非営利活動を行う。
(1) 保健、医療又は福祉の増進を図る活動
(2) 社会教育の推進を図る活動
(3) 子どもの健全育成を図る活動
(4) 職業の能力の開発又は雇用機会の拡充を支援する活動
(5) 前各号の掲げる活動を行う団体の運営又は活動に関する連絡、助言又は援助の活動