「放課後等デイサービス」とは。icon-h-tk01-blue.png

放課後等デイサービスとは、障がいのある学齢期の児童が学校の授業終了後や学校休校日に通える、子供たちの放課後の居場所としての福祉サービスです。
子どもたちはここで、日常生活における基本動作を習得し、集団生活を通して人と関わる力を深めます。

当デイサービスでは、曜日や週ごとに活動内容を変え、自由時間や創作活動、クッキングやリトミック、音楽活動、運動、外出企画や地域交流など様々なプログラムを組み合わせ、誰もが楽しく安心できる場所を提供しております。

定員:1日10名(デイPOP/プレイセンターPOP共に)
対象:主に6歳~18歳の就学児童・生徒(小学生・中学生・高校生)
    身体障がい者手帳及び療育手帳を お持ちの方
送迎:必要に応じ、学校~自宅間の送迎を行います。



「放課後等デイサービスの主な内容」

○日常生活における基本的な生活習慣を身につけます。
○個々の持っている力を伸ばします。
○集団での関わりを学びます。
○子供たちや保護者からの生活、福祉制度等に関する相談や助言等、他機関との連携を図り、
 子供たちが、より地域で生活しやすい環境を共に作って行きます。
○行き帰り送迎を行い、保護者の負担を軽減します。





「児童発達支援」とは。icon-h-tk01-red.png

児童発達支援とは、障がいのある未就学児が、日常生活における基本的な動作や、集団生活に適応できるよう支援を行う福祉サービスです。

お子様の日常生活における基本動作や、集団生活に適応しつつ、自分らしさを発揮できるよう支援を致します。

定員:1日10名(デイPOP/プレイセンターPOP共に)
対象:未就学児童( 身体障がい者手帳及び療育手帳を お持ちの方)



「児童発達支援の主な内容」

○グループ活動を通して、他のお友達との関係性を育て、言葉や身体の発達を促します。
○集団活動での関りの中で、お子様に合った支援の方法を保護者の方と一緒に考えていきます。
○お子様の可能性と能力をより引き出せるよう、遊びを通して活動を広げていきます。
○保護者の方の負担軽減を図り、相談を常時受け付けています。




th60RYI6EE.jpg




特定非営利活動法人 J-pal
児童発達支援及び放課後等デイサービス
デイPOP/プレイセンターPOP

〒547-0046
大阪市平野区平野宮町1-5-5-171
TEL:06-6793-4355(代表)
FAX:06-6793-4363(代表)

MAIL:houkago-pop@j-pal.or.jp